【30代・40代男性向け】婚活がうまくいかない男性に共通する7つ原因と改善策を解説!

2021年09月16日

30代・40代で婚活をする男性は多いのですが、すぐに相手を見つけてスッと結婚してしまう人もいれば、なぜかうまくいかずに悶々としている人もいます。
それは、いったいなぜなのでしょうか?

婚活がうまくいかない男性には、実はある共通する原因があります。
今回は、その共通する原因と改善策について、ご紹介しましょう!

婚活がうまくいかない男性に共通する原因7選

男性の婚活がうまくいかない原因は、ズバリ7つあります。ご自分に当てはまる項目があれば、そこを改善することで、結婚できる可能性はかなり高まるでしょう。

服装に無関心で、TPOに合わせた服装選びができない

服装がパッとしなかったり、あるいはセンスがもうひとつだったりすると、婚活ではまずアウトと思った方がいいでしょう。

「男は中身で勝負!」と言いたいところですが、婚活では実は第一印象がとても大事です。そのため、服装にあまり興味がない男性も、婚活の場では意識を高くもって、TPOをわきまえた清潔感のある服装を心がける必要があります。

最低限、女性が一緒に歩いていて恥ずかしくないレベルの服装は、絶対条件です。さらに言えば、年齢に合った魅力を引き立てる服装なら、なお良いでしょう。

30代・40代の男性にありがちなのが、休日におじさんが家にいるときのようなコーデです。「休日ぐらいはラフな服装をしたい」と思うかもしれませんが、同じラフな服装でも、女性が好ましく思うカジュアルとただのダサい服装とでは大違いです。

こうしたNGコーデを避け、女性の目線を意識した服装にすることが、30代・40代の男性が特に気を付けるべき点です。

身だしなみに気を使えず、清潔感がない

女性は会った瞬間に「清潔感がない」「だらしない」と感じる男性には、本能的に近づきたくないと思います。

たとえば、髪の毛がボサボサだったり、鼻毛が出ていたりすると、それだけでもう結婚相手の候補からは永久に外されるでしょう。

シャツの襟汚れや、服のシミ・シワ、靴の汚れなども、絶対にNGです。お風呂に入っていない、口臭や汗のニオイがするといったレベルになると、もう論外と言えます。

当てはまる部分がある人は、婚活を機会に自分自身の生活を見直し、だらしない人と思われないようにすることが大切です。

プライドが高く、女性を尊重できない

高学歴・高収入の男性に多いのが、プライドの高さから女性を尊重できずに、結婚相手が見つからないケースです。

もともと日本は男尊女卑の社会だったので、そこにさらに自尊心の高さが加わると、女性を完全に見下してしまう男性もいるかもしれません。

かたや女性はというと、男性に上から目線で見られて嬉しい人など、一人もいません。最初はスペックの高さに興味を持って近寄ってきても、すぐに「これはダメだ」と気付いて、離れていくでしょう。

自分自身にそういう傾向があると思った人は、自分の態度をあらため、女性を尊重する考え方をもつことが大切です。

消極的で常に受け身の状態でいる

自分から積極的に女性に声をかけられない消極的な男性も、結婚相手を見つけるのに苦労します。

婚活では女性はどちらかというと受け身で、「男性から声をかけてほしい」と思っている人も少なくありません。そのため、男性から何もモーションを起こさないでいると、そもそも女性と会話すらできないでしょう。

「あの女性が素敵だから、声をかけてくれたら嬉しい」などと思って待ちの姿勢でいると、そんなタイミングは永久にきません。「この人と話をしたい」という人がいたら、まずは自分から声をかけてみましょう。

自分のことを客観視できず、現実を見れていない

婚活をしてもなかなか結婚できない30代・40代の男性の中には、「自分は女性にモテる」と勘違いしていたり、さほどハイスペックでもないのに「自分は結婚相手として好条件」と思い込でいる人もいます。

たとえば若い頃に少しだけモテた経験のある40代の男性が、すでにお腹の出たおじさんであるにもかかわらず、「自分に相応しい相手は20代の美女」と思い込んでいるケースがあります。

自分を客観視できず、現実を見ないで自信過剰になっていると、いつまで経っても自分に相応しい相手と出会うことはできないでしょう。

まずは冷静になって、自分自身が客観的に見て女性にどう思われているのか、自分に相応しい相手がどんな人なのかを、あらためて考え直してみましょう。

そうして謙虚な気持ちになって婚活をすると、自分にピッタリの結婚相手と出会えるケースも、少なくありません。

失敗を恐れすぎてしまっている

積極的に婚活をすると、もちろん「うまくいきかけたのに、途中でダメになってしまった」というように、失敗をして傷つくこともあります。

そのため、傷つくことを恐れて、積極的なアクションを起こせずにいる人がいます。特に30代・40代になると、若い頃のようなパワーがなくなり、自分から飛び込んで傷つくよりも、このまま何事もなく済ませたいと思ってしまうものです。

でも、それでは婚活の成功は望めません。失敗というのは、結婚に限らず、どんなときにでもあるものです。失恋したときは「もう二度と立ち直れない」と思うこともありますが、意外と人間というのはたくましいもので、時間の経過とともに必ず立ち直ることができます。

そうやって失敗を恐れずに前に進んだ人だけが、素敵な女性と出会い、結婚へと歩を進めることができるのです。過度に失敗を恐れず、前向きな気持ちで婚活をしましょう!

ネガティブな思考と言動をしてしまう

失敗を恐れる以前に、そもそも思考がネガティブで、婚活に成功できない人もいます。これは婚活において、ある意味致命的ともいえる要素でしょう。

マイナス思考の人は、自己紹介でも自分の良さをアピールできませんし、一緒に話をしても楽しくないので、女性に敬遠されてしまいます。

「自分はネガティブな言動が多い」と思った人は、婚活で女性と会うときに、意識してポジティブな言動を心がけましょう。

また、自分自身はポジティブでも、謙遜をし過ぎてネガティブな人だと思われてしまう場合があります。ほめられたときは素直に喜び、感謝の気持ちを伝えることが大切です。

婚活を成功させるために今すぐ意識して改善できることとは!?

では、上記のことを踏まえた上で、今すぐ意識して改善できることについて、解説したいと思います。年収や学歴などはなかなか変えられませんが、以下のことならすぐに変えられるので、ぜひ実践しましょう!

外見を改善して、清潔感を出す

婚活に成功するためには、まず外見を改善することが大切です。清潔感のある服装や髪型に整えることは、意識して見直せば今からでも実行できるので、すぐにトライしましょう。

不潔でだらしない服装を避け、TPOをわきまえたコーデを選び、好感度の高い髪型で婚活に臨むのがベストです。

ショップや美容院に行って、婚活のためにどういう服装や髪型がいいか、相談してみてもいいでしょう。また、婚活当日は明るい表情を忘れないことも大切です。

女性への態度を見直す

「いままで女性に対する態度に問題があったかもしれない」と思う人は、あらためて自分自身の態度を見直し、常に尊重する気持ちを忘れずに、謙虚な心で女性と向き合うようにしましょう。

女性は男性に比べて繊細なので、男性の何気ない態度が、女性に嫌な思いをさせてしまうこともあります。「女性は男性とは違う感じ方をするのだ」ということを意識して、丁寧に対応する必要があります。

また、女性は自分を大事にしてくれる人に惹かれるので、常に女性を大切にする気持ちを持って接することが大切です。

ポジティブな思考で積極的に行動する

女性は消極的で受け身の男性よりも、積極的にアプローチしてくれる人に魅力を感じます。これまでマイナス思考だった人や、消極的だった人は、ポジティブ思考になって積極的に行動しましょう!

積極的に行動することによって、女性経験も増えてくるので、だんだん自然に女性と関われるようになっていきます。

そして、もし積極的に動いて失敗してしまっても、「自分が成長できるいい機会だ」と考えて、前向きに行動し続けることが大切です。

まとめ

婚活がうまくいかない理由と、成功するための方法について、ご紹介しました。清潔感のある服装とポジティブな思考を忘れず、女性に対する尊敬の念をもって、積極的に婚活に臨みたいですね!

婚活に関して何か相談したいことがあれば、実績豊富で信頼できる「坂の上マリッジ」に、お気軽にご連絡ください。

お気軽にご相談ください