30代からの男の婚活

2021年05月17日

「そろそろ身を固めたい」「本気で婚活しなきゃ」……そんな30代独身男性の方も多いのではないでしょうか?
この記事ではこれから婚活をはじめられる30代男性の方が婚活に成功するための秘訣をご紹介します。

【実情は?】30代以降の男性の婚活事情

30歳を過ぎると友達や同級生など周りも既婚者が多くなり、親や親族からの「まだ結婚しないの?」という視線も気になってくるものです。
「結婚できないかも」「今から婚活しても遅いかな」と不安に思われている方も少なくありませんが、実際にどうなのでしょうか?
まずは30代以降の男性の婚活事情について見ていきましょう。

実は多い婚活中の30代

ご友人や同級生でも高校や大学を卒業して数年で結婚されたという方がいらっしゃるかと思います。
20代で結婚して家庭を築いている人も多いので、30代で婚活をはじめるのは遅いと感じられるかもしれません。

しかし今、日本では男女とも晩婚になっています。厚生労働省のデータによると男性の平均初婚年齢は31.3歳なので、30代で結婚するケースも決して珍しくありません。実際に結婚相談所の登録者数は男女とも30代以上がメインなので、30歳を超えて婚活をはじめても全然遅くないと言えます。

30代以上の男性は見られるポイントが増える

30代で婚活をしている男性は珍しくありませんが、若干ハードルは高くなるのが実情です。
20代は「気が合うかどうか」「格好いいかどうか」というように、まだ恋愛の延長線上のような感覚で相手を決めるということもありますが、30代ともなると年収や職業、地位、資産、人格や価値観(幸せな家庭を築いていけるか?)などが見られます。

たとえイケメンであっても職業が不安定であったり年収が低かったりすると選ばれなくなる可能性が出てくるのです。
外見やキャラクターだけでなく、安心感や安定感を与えられることも重要になってきます。

30代以降の男性が婚活を成功させるためのポイント一覧

具体的に婚活をはじめたらどのようなことに気をつければいいのでしょうか?
30代以降の男性が婚活を成功させるポイントをまとめてみました。
以下のようなことを意識して相手を探し、コミュニケーションをとってみてください。

条件に優先順位をつける

自分に合った条件の相手を探すのが婚活の第一歩。
でも、あれもこれもと条件をつけすぎると、それに合う人がなかなか見つかりません。
まずは自分の希望をピックアップしてみて、「この条件は絶対に外せない」「できればこの条件に合った人がいい」というように優先順位をつけましょう。

妥協して婚活をする必要はありませんが、譲歩できる部分は譲歩したほうが相手は見つかりやすくなります。

広い視野を持って相手を探す

婚活は生涯をともに歩む伴侶を見つける活動です。
運命の人はどこにいるかわからないもの。
出会いの機会を狭めないためにも、年代や職業、年収などの条件をつけすぎるのをいったんやめて相手を探してみるのもいいかもしれません。

案外、相性が良くて長く一緒にいられる人なら、若干当初の条件から外れていたとしても「結婚したい」という気持ちが芽生え、結婚後もうまくいく可能性があります。

機会喪失を防ぐためにも、まずは広い視野を持って相手を探してみましょう
いろんな人とコミュニケーションをとってみてから現実を考え、譲れない条件を設定して探してみるのもいいかもしれません。

見た目に気を使う

前述のとおり、30代にもなると外見だけではなくその人の中身やステータスも見られます。
とはいえ、全く見た目を気にしなくてもいいかというと、そういうわけではありません。
むしろ年相応に気をつける必要があります。

イケメンかどうかよりも、清潔感がある身なりやTPOに合わせた格好を心がけましょう。
良かれと思って着ている服や髪型が好感度を下げている場合もよくあります。
やはり女性にチェックしてもらってアドバイスをもらうのがおすすめです。

女性スタッフが「女性から見てどうか?」という視点で身だしなみのアドバイスを行っている結婚相談所もあります。
女性と接する機会があまりないという方はこうしたサービスを使って客観的な意見を貰ってみるのもいいかもしれません。

コミュニケーションの仕方を間違えない

よく、ドラマのお見合いのシーンで「ご趣味は?」「お仕事は何をされているんですか?」と尋ねるシーンがありますが、現実でこれをするのはNG。
形式的な会話しかできない人、ビジネスライクな話し方しかできない人という印象を持たれてしまいます。

また、謙虚な姿勢で相手に敬意を払って接することが大切です。
30歳を超えているにも関わらず、はじめて会う人にいきなり敬語を使わず話しかけるのは良識が疑われます。
特に職場で部下がいる人、役職がある人は、いつもの癖でついついタメ口になりがちです。

結婚相談所であれば、相手に好感を持たれる会話のしかた、その場の雰囲気を良くするコミュニケーションのコツなども教えてくれます。
特に話し方に自信がない方は相談してみましょう。

大人の魅力をアピールする

30代になるとどうしても「歳をとった」と実感してしまうものですが、それが必ずしもマイナスとは言えません。
確かに婚活は若いほうが有利なのは否定できませんが、余裕がある立ち振舞いや豊かな知識、安定感、落ち着きなど、「大人の魅力」は20代の若い男性にはないものです。
大人の男性に惹かれる女性も少なくありません。

年齢を逆手にして婚活市場で戦うことも十分に可能です。
歳をとっているというマイナスに捉えるのではなく、人生経験が豊富というプラスの面に目を向けてみましょう。

年収を上げる

30代となると社会人経験もそれなりに長くなり、役職に就いている人も多くなります。
また、日本の年功序列型の給与体系では20代後半から30代にかけて年収が上がる傾向があるため、より収入に関してシビアに見られる傾向があります。

いきなり年収を上げるのは難しいかもしれませんが、出世できるよう成果を上げる、資格を取得するなど、努力してみてください。
どうしても給料が上がる見込みがないのであれば、転職や独立という手段もあります。

貯金や資産形成を行っておく

収入に加えて重視されるのが貯金です。
30代なのにあまりにも貯金額が低いと収入が低い、あるいは浪費家だと思われてしまいます。
やはり安定した家庭を築いて生活していくためにはある程度貯蓄は必要です。
また、結婚するとなると結婚式や新婚旅行などの費用がかかるため、短期的に見てもお金は必要となってきます。

まずは将来の人生設計もしっかり見据えて毎月コツコツと貯金をしていきましょう。
余裕があれば投資などの資産形成を考えてみてもいいかもしれません。

積極的に行動する

一番重要なことかもしれません。
いくら「結婚したい」と思っていても、行動しなければいつまで経っても結婚できません。
今は婚活のハードルも低くなってきました。
まずは結婚相談所に話を聞きに行ってみる、婚活パーティーに参加してみるなど、行動に移していきましょう。

動いたら動いた分だけ出会いがあり、婚活が有利になります。
いろんな手段を使って機会を増やしていき、それを継続していけば、きっと理想の相手に巡り会えるでしょう。

【まとめ】30代からは結婚相談所の利用がおすすめ

婚活の方法はさまざまありますが、30代以上の方に人気なのが結婚相談所
仲人が相手探しからお見合いのセッティング、交際やプロポーズのフォローなど、さまざまなサポートをしてくれます。

相手を自分で探すだけでなく相性が良さそうな人を紹介してマッチングしてくれるので、自信がない方や忙しい方も無理なく続けることが可能
話し方やファッションなど、自分ではわからない部分もアドバイスしてくれるので、視野も広がります。

本気で結婚したいなら、婚活で何をしていいのかわからないなら、まずは結婚相談所に相談してみましょう。

お気軽にご相談ください